スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月12日豆本教室@小邦寡民

12月12日(日)豆本教室@小邦寡民 9回目 
●題材:布表紙豆アルバムと豆ノート
●参加費:2000円(ケーキセットまたは+200円でランチ付き)
●参加者:2名
●中身の紙を二つ折りにした無線綴じ製本。豆アルバムの宿題付き。

mame12123.jpg

mame12121.jpg


今日は2名参加。ご希望に合わせてそれぞれクリスマス豆アルバムと豆ノートを作ってもらいました。
おふたりとも豆本作るのは初めてとおっしゃっていましたが、なんのなんの。ていねいにすいすい作業が進んで完成しました。
豆アルバムは中身が菊ラシャ紙の黒Y 69.5、豆ノートはアラベール紙のナチュラルホワイトY 62.5。中身の紙だけは竹尾(TAKEO)という紙専門店でカットしてもらっています。豆ノートの方が少し大きくて薄い紙です。
今日は少人数だったので、豆ノートさんには見返しの紙も選んでもらう余裕もあり。
アラベールは単行本などの印刷に使われる紙で、ボールペンで書き込んでも裏に透けにくいので、豆ノートさんはじゃんじゃん書き込んで使ってくださいね。
豆アルバムさんは、パンチで抜いたツリーや雪の結晶を貼ってクリスマスな雰囲気。おうちでさらにアレンジして楽しんでください。
製本のしかたはどちらもほとんど同じですが、中身の紙、表紙の布で雰囲気がかわります。仕上がりとてもきれいです。
おふたりとも満足してもらえたでしょうか。
豆アルバムさん、肝心な緑色のスピンを忘れてごめんなさい。(カメラも忘れて携帯画像で失礼しました。)
今日は参加どうもありがとうございました。
自分の作った豆本、使うもよし、飾るもよし、かわいがってくださいね。


スポンサーサイト

ご注意のお願い

101201.jpg


いつもふざけたことばっかり書いて困ったやつだと思われてますが、今日は本当にまじめな話です。

自家用(夫のお灯明)に蜜ろうでロウソクを作っています。
知り合いにわけたりしていますが、少し市内の雑貨屋さんにも置かせてもらっています。

買っていただいたいた方が安全に使っていただくために、ロウソクに「使用上の注意」をつけていますので、必ず読んでから使ってください。

また、重ねてお願いしたいことを書いておきます。

・パインコーン(写真左:松ぼっくり)型は底が安定しないので釘のついたロウソク立てに刺すか、熱に強い容器に砂(市販の川砂など)を入れその中に立ててお使いください。
・小さい子どもさんやペットに気をつけてください。蜜ろうにははちみつが含まれていますので、発症例は少ないようですが、乳児ボツリヌス症予防のため、特に1歳未満の赤ちゃんが触ったり口に入れたりしないように気をつけてください。

火事や、やけど、事故に十分気をつけて使ってください。

よろしくお願いします。

プロフィール

ユウキ

Author:ユウキ

ユウキです。

豆本(小さな本やアルバム製本)や蜜ろうキャンドルの製作と、ときどき出前教室もしています。

お問い合わせはmercimori@gmail.comまで

info

chilchinbito-hiroba.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。